福岡 博多 首こり病専門
首こり病とは 診療案内 診療内容 ホスピタリティ アクセス 初診の方はこちら

熊本地方の地震に伴い被害に遭われました皆様へ心からお見舞い申しあげます。

ネッククリニック福岡スタッフ一同

 診療案内

診療日:月1回



 診療内容

東京脳神経センター松井孝嘉医師が発見した頸筋症候群(首こり病)の診療、治療を目的とした専門クリニックです。東京脳神経センター脳神経外科専門医が診察を行います。

 お知らせ

テレビ放送『今日感テレビ』RKB毎日放送
5月10日(火)午後6:15~午後7:00『今日感テレビ』ニュースコーナーで、「ネッククリニック福岡」で診察する松井孝嘉博士が出演しました。
重 要東京脳神経センター理事長 松井孝嘉医師の次回の診察日は、平成28年2月17日(水)、2月18(木)です。
テレビ放送『今日感テレビ』RKB毎日放送
10月22日(木)午後1:55~ワイド番組『今日感テレビ』で、「ネッククリニック福岡」で診察する松井孝嘉博士が出演。首こり病の解説、診察・治療の様子、日常のケアなどについて放送されました。
テレビ放送『バリはやッ!』・福岡放送
10月20日(火)朝 5:20~5:50のニュース番組『パリはやっ!』内で、「ネッククリニック福岡」で、松井孝嘉博士が診察する様子が紹介されました。
松井孝嘉 開講2015年10月16日(金)、朝日カルチャーセンター・福岡教室で、松井孝嘉博士が「首こりは万病の元」をテーマに講座が開かれました。
発 売【週刊現代インタビュー】「今すぐ『首』を揉むのはやめなさいー実は万病のもとだった!」のタイトルで、8月17日発売『週刊現代』(2015年8月29日号)で、松井孝嘉博士(東京脳神経センター理事長)が、首を揉むことの弊害を警告、「揉まずに」首のこりをほぐす方法について解説しました。
発 売 『首は絶対にもんではいけない!』(講談社/東京脳神経センター理事長・医学博士・松井孝嘉著)が、7月31日(金)に発売されました。
【ご購入はこちら】首は絶対にもんではいけない! 首は脳の一部、強くもむと不調を引き起こす (講談社の実用BOOK)

 首こり病とは

パソコンを長時間集中して使用している方や、携帯電話でメール、一日中ゲームをしている方の中には、頭痛やめまい、吐き気、絶えず疲労感を感じている方もいるでしょう。家庭の中で、誰も気付いてくれない慢性的な苦しみや痛みで日々悩む主婦の方も多いと思われます。このような、原因不明の体調不良は「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といわれ、その多くは自律神経失調の症状です。一般的にはストレスが原因とされていますが、本当の原因は「首こり」です。首の筋肉の異常は、頸椎の中心にある副交感神経の異常を招きます。 副交感神経は、内臓や血管、呼吸器などをコントロールする、もっとも重要な神経のひとつです。 そのため、「首こり」が体の不調をもたらしてしまうのです。「うつむき姿勢」になってしまう機会が多い現代人の生活習慣病ともいるのが、まさにこの「首こり病」なのです。

首の筋肉の異常

副交感神経の異常

首こりが原因で起こる17の疾患

緊張型頭痛、めまい、自律神経失調症、うつ、パニック障害、ムチウチ、更年期障害、慢性疲労症候群、 ドライアイ、多汗症、不眠症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群、機能性食道嚥下障害、 血圧不安定症、VDT症候群、ドライマウス

 ホスピタリティ

首こり病診療に多くの実績を持つ、東京脳神経センターとの連携により、首こり病に特化した診療を行います。
東京のほか、名古屋神戸にも関連クリニックがあります。

 料金

当クリニックは自費診療です。医師が問診の分析から首の触診をして、統合的な診断を下します。概ね30分程度の時間、診察に費やします。

 交通アクセス